レイラ・デリマ上院議員 恩赦アピール

フィリピン: 拘束されたドゥテルテ大統領の批判者は即座に釈放されねばならない

フィリピン当局は全ての罪状を即座に取り下げ てドゥテルテ大統領の無遠慮な批評家であり政治的に動機付けられた薬物乱用の容疑で投獄されてきた良心の囚人 #レイラ・デリマ 上院議員を釈放せねばならない、とアムネスティ・インターナショナルは彼女の逮捕の1周年に先行して発言した。

レイラ・デリマ上院議員は2017年2月24日に包括的危険薬物取締法に係る3つの個別の偽造の罪状で逮捕された。彼女の逮捕を誘発するのに、ドゥテルテ大統領と他の支持者らはその上院議員に対して嫌がらせと威迫の悪意のある組織的な運動を指揮して彼女が薬物取引に関与していると示すよう偽って試みた。

  • 「レイラ・デリマ上院議員に対する罪状は全くの作り話だ。彼女は やり玉に挙げられ標的にされた それは彼女のドゥテルテ大統領の恐ろしい政策への勇気ある反対意見以外の何ものでない。」
  • :アムネスティ・インターナショナルの東南アジア太平洋局長ジェームズ・ゴメス。
  • 上記の発言を[ツイッター, フェイスブック, Eメール]で共有せよ。


「レイラ・デリマ上院議員に対する罪状は全くの作り話だ。彼女は やり玉に挙げられ標的にされた それは彼女のドゥテルテ大統領の恐ろしい政策への勇気ある反対意見以外の何ものでない。我々は彼女を良心の囚人であると考慮して,当局に彼女を即座に無条件に釈放することを力説する」アムネスティ・インターナショナルの東南アジア太平洋局長ジェームズ・ゴメスは言った。

デリマ上院議員は長い間ドゥテルテ大統領の血塗られた、警察が主に貧しく社会的に排除された共同体から非合法に数千人の人々を殺した「薬物戦争」の無遠慮な批評家だった。デリマ上院議員は,警察と大統領を含む政府高官の説明責任を要求して、大量殺人への上院の質疑を導くことで政府の憤怒を引き出した。

2012年に、フィリピン人権委員会議長として、上院議員はまたドゥテルテ大統領のダバオ市長の頃の超法規的処刑への関与への質疑を遂行した、それは行政監察局が彼を捜査することを勧告した。2016年にドゥテルテ大統領は報道陣に「彼女を公衆の目前で破壊したい」と望むと話した。

デリマの弁護団は彼女に対する罪状を裏付ける証拠の不足について重大な懸念を唱えた。

当局もまた 拘留されている彼女に対する 懲罰的な手段を講じたように見える。


彼女はケソン市のクレーンキャンプにある警察司令部に囚われており、そこで彼女はインターネットの利用を、携帯電話やラジオやテレビも拒否されている。警察はまた彼女の独房にエアコンを設置するという彼女の医師からの要求を無視した。

「それは悲しい事態だ..今 フィリピン政府は 批評家を投獄することに より興味を示している; それより防ぐべきは 数千人の 多くは 貧しい人々の警察による殺害だ。これは明らかに勇敢の精神と 至上の活動家を粉砕しようと努めまた明らかな警告をドゥテルテ大統領の殺人的行動に敢えて目を開かせる人々へ送っている企てだ,」とジェームズ・ゴメス氏は言った。

より広い取締り ##

デリマ上院議員逮捕の1周年はフィリピン政府が強化してきた報道機関と市民社会に存在する批評家たちへのより広い取締りを生起する。

1月に、政府は独立インターネット広報のラップラー社(Rappler)に対する閉鎖を命令した;これはもう一つの厚かましく政治的に動機付けられた表明の自由の権利への攻撃である。観察者たちはまたドゥテルテ政府がインクワイア紙(The Inquirer)--国の最も影響力のある独立報道機関の一つである--のオーナーたちに同社を行政により近い結びつきがある新しいオーナーらに売るよう圧力をかけていることを告発した。

ドゥテルテ大統領はまた公衆の目前で他の人権擁護者らを脅した。2017年8月、彼は警察が権利活動家らを「公務執行妨害」のかどで撃つようにあるいは陰謀の罪を着せるよう奨励した。大統領はまた他の国内と国際批評家たちを選び出した,含まれたのは現行の人権委員会議長である、チト・ガスコン氏(Chito Gascon)と同様にして超法規的・即決または恣意的な処刑に関する国連特別報告官アグネス・カラマード氏(Agnes Callamard),それは悪質な口頭の長い攻撃演説の中だった。

「 フィリピンでドゥテルテ政府に反対してそして特にその殺人的薬物政策について遠慮なく言うことはより一層危険になってきている。今は国連を含む国際社会にとって政府により強い圧力をそしてフィリピンへの国際捜査を支持することを適用させる潮時だ 」とジェームズ・ゴメスは言った。

原文ウエブページ

みんなの翻訳ページ